シェアする

facebookページは無料では使えないツールとなってしまうのか!?

1

facebookページは無料では使えないツールとなってしまうのか!?

facebookページの投稿のオーガニックリーチ数を減少させていく方針であることが昨年末判明しました。

オーガニックリーチというのは、ユーザー自身のニュースフィードまたはリアルタイムフィード、
もしくはFacebookページで投稿を見た人の数のことを指します。
そのページのファンでない人も含まれます。

リーチが減るというのは、これまで「facebookは無料で広報できるから!」とfacebookの運営に注力してきた企業などには大打撃ですよね。

要はfacebook側としては、リーチ数を獲得するにはちゃんとお金を払って「広告」を出してね!という方向に転換したんですね。

弊社でもfacebookページをクライアント様のものも含めていくつか運用していますが、
いったいどの程度減少するのかと様子を見てまいりました。

減少が顕著なのは、アクティブなファンの少ないFBページ

リーチ数の現象が顕著なのは、FBページ自体へのいいね数はある程度集まっていても、日頃の投稿自体へのいいねが少ない、「アクティブなファンの少ない」ページでありました。

「アクティブなファン」というのは、FBページの投稿に対し、日頃からいいねやコメントを付けているファンのこと。

弊社では、

FBページへのいいね数×10%=投稿へのいいね数

を基準として、投稿へのいいね数がFBページのいいね数の10%を下回っている運用状態であると、アクティブなファンが少ない状態であると判断しています。

これに該当する、アクティブなファンの少ないFBページが特にリーチ数が若干ではありますが減少してきているようです。

そして逆に、元々アクティブなファンの多いFBページについては、顕著に減少しているという印象はありませんでした。

今後も、現在のアルゴリズムでfacebookページを「無料」で活用するには、運用のクオリティが鍵となりますね。

では、どのように、運用の精度を上げてリーチを増やしていくかについては、後日また書きたいと思います。

早く、facebookページの活用方法をお知りになりたいという方は・・・

お電話でご連絡くださいませ。

投稿者プロフィール

あだち りえ
あだち りえ株式会社スマイルファーム 代表取締役
WEBディレクター・WEBデザイナー・コンサルタント
WACA公認ウェブ解析士マスター/GAIQホルダー

アクセスログ解析の専門家として、自治体サイトや大規模メディアのログ解析~改善コンサルティングを実施。「難しいをわかりやすく!」をモットーに、ウェブマーケティングの講師として各種セミナーに登壇。
中小企業庁ミラサポ・(公財)にいがた産業創造機構の専門家としても活動中。3人の男児の母。

スマイルファームがおすすめする、HOTなコンテンツはこちら


日本初のサイト分析に特化した番組配信中
エステ・ネイル・カフェなどの店舗向けのウェブ集客ノウハウ

ウェブサイト制作・アクセス解析・サイト診断のご依頼・ご相談・お見積り

お問い合わせ


Tel 0256-47-1950

トップへ戻る