シェアする

facebookのビジネス活用は「投稿の質」が重要!-その2

f42bb564f29a539c68ff121ac00ba218_s

企業やお店などのfacebookページを賑わい感がある状態にし、かつビジネスに活用していけるものにするためには、「投稿の質」が重要だと考えています。

今回は、ビジュアル面から考察してみましょう。

五感に訴える写真は有利

「美味しそう」「キレイ」「可愛い」「カッコいい」人間の感性にや欲求に訴える写真の付いた投稿は、多くの「いいね」を集めています。

下記は地元の人に人気のパン屋さんの例です。

sunfo

このふなっしーパンは企画段階からfacebookページに投稿されていて、FBユーザーさん達にチラッと見せていました。それが、いよいよ発売となったわけです。

スタッフのとびきりの笑顔とともに「ゆるカワ」なふなっしーパン。「美味しそう」「かわいい」の五感に訴える投稿です。

このお店のFBページへの「いいね」数は現在873。投稿への「いいね」数は、上の写真の投稿では298。その他の投稿も、常に100~300の「いいね」を集めています。

「パン」という商品柄もありますが、文章構成や写真の選び方が上手く、ついコミュニケーションを取りたくなる投稿内容になっているのです。

この投稿は「298」の「いいね」で、合計3258人にリーチしました。有料広告などを利用せずとも投稿内容の充実でこれだけ多くのユーザーに投稿を見てもらう機会を得たのです。

さらに、このパン屋さんは、こんなすごい数の「いいね」を集めた投稿があります。

sunfo1

子供の日限定の「アンパンロール」。なんと「764」もの「いいね」を集め、コメントも27件。

これだけ賑わいのある投稿になったため、8232人ものユーザーにリーチしています。

facebookを通じた意識改革からO2Oの勝ちパターンが生まれる

ご紹介したパン屋さんは、パッと見で伝わりやすい商品であるという点が、facebookページにちょうどはまった成功事例です。

facebookページを通じて、お客様とのコミュニケーションをはかり、顧客の囲い込みにつながったと喜んでおられました。

実はこのパン屋さんのfacebook活用は売上UPや顧客囲い込みだけに効果を発揮したわけではありません。

こちらのパン屋さんでは、初めはある決まった担当者がFBの更新をしていましたが、現在では多くのスタッフがFBページの運営にあたっています。それも自発的に。

それはfacebookを通じて、「お客様とコミュニケーションを取ることの楽しさ」を知ったからです。

お客様の声がダイレクトに聞けることで、それがお客様来店時の接客態度の向上につながり、また、新商品の開発にも活かされているのです。

そういった「楽しさ」に繋がったからこそ、O2Oの勝ちパターンが構築されたのです。

このように、スタッフの意識を「自然」と向上させ、意識改革を行ってくれる面でも、facebookは有効であるといえましょう。

五感に訴えにくい商品やサービスの場合はどうすればいいの?

そうですよね。必ずしも上記のようなパン屋さんのように、五感に訴えることができない商品・サービスを取り扱っている企業さん・お店さんも多いですよね。

では、次回は五感に訴えにくい商品・サービスの場合の事例についてご紹介していきます。

facebookのビジネス活用は「投稿の質」が重要!-その1

ターゲットをしっかり絞り、「いいね」を増やす投稿文の見直しと、活用度合の指標について

投稿者プロフィール

あだち りえ
あだち りえ株式会社スマイルファーム 代表取締役
WEBディレクター・WEBデザイナー・コンサルタント
WACA公認ウェブ解析士マスター/GAIQホルダー

アクセスログ解析の専門家として、自治体サイトや大規模メディアのログ解析~改善コンサルティングを実施。「難しいをわかりやすく!」をモットーに、ウェブマーケティングの講師として各種セミナーに登壇。
中小企業庁ミラサポ・(公財)にいがた産業創造機構の専門家としても活動中。3人の男児の母。

スマイルファームがおすすめする、HOTなコンテンツはこちら


日本初のサイト分析に特化した番組配信中
エステ・ネイル・カフェなどの店舗向けのウェブ集客ノウハウ

ウェブサイト制作・アクセス解析・サイト診断のご依頼・ご相談・お見積り

お問い合わせ


Tel 0256-47-1950

トップへ戻る